備長炭粉末配合おが炭備長炭
中国産オガ炭標準サイズ 炭火食材燃焼用
一般的なオガ炭はオガくずを固めて炭化しているだけですが この低価格の中国産オガ炭は 
オガクズと備長炭粉末を配合したオガ炭 備長炭粉末により オガ炭の遠赤外線の弱い部分を補っています
備長炭粉末入りおが炭は 同時にランニングコストとして お得なおが炭です
こだわりの食材をお客様に本当に美味しく召し上がって頂くには ガス火よりも 炭火
ガス火でどんなに美味しく料理しても 炭火で作る料理の方が美味しく出来上がります
食材に含まれる水分の量や 食材の熱の通りが異なってきます
新規炭火焼肉店を開店される場合や 暖房用にも使用可能 業務用等の燃焼時間が長いことを希望される場合お奨め致します 馬目樫備長炭は 火力を必要とする食材向きで おが炭は一般的な炭火用としては お求めやすい炭です
オガ炭は 火付きの遅いオガ炭です
火付きが遅い分 燃焼時間が長くなり 使用量が少なくて済む ランニングコストのお得なオガ炭です。通常の木炭等は 燃焼時間が早いため 業務用などの燃焼時間が長いことを希望される場合はオガ炭をお奨め致します


オガ炭オガ炭
▽▽▼▽▽▼▽▽▼
オガ炭は 火付きが遅い炭です
オガ炭豆知識
炭を使用することにより ガス火と違い 赤外線作用により おいしいうまみのある食材となります。この備長炭配合オガ炭は さらに よりおいしいうまみのある食材へ変化。
備長炭作用により 他のオガ炭と比べると燃焼時の遠赤外線作用が多くなり
より食材に遠赤作用が働き、食材の中まで熱が入り ガス火と違う『うま味』が変わってきます。
ガス火などの炭火以外の燃焼は 5分ほど焼くと 表面は 綺麗に焼けていますが 食材の中は 全く焼けていない場合がありあります。その点炭火は 赤外線作用により  同じ時間燃焼させても 中まで熱が通います。

業務用のオガ炭ですので ホームセンターで販売されている炭とは違い 堅さや燃焼時間が全く異なります。約3〜4時間燃焼しますが、使用方法により 5時間燃焼している場合もあります 市販の木炭は 燃焼時間が短いのでご注意して下さい
☆また 固い白炭の馬目樫備長炭ではございませんのでお間違いございませんようご注意お願いします。
通常のガス火では 食材に含まれる水分も熱によって外へ排出しますが
炭火は ある程度 食材の中に水分も残るため より美味しいジューシーな食材となります。
オガ炭は 人工的に製造された炭。
メーカーにより、品質が様々で一定していません。お店に合うオガ炭を選んで下さい。例えば、わやらかいオガ炭や 火付きが早い炭は燃焼が早いため、堅いオガ炭に比べて1ヶ月の消費数量が増えます。その分炭代の経費・ランニングコストも多く必要となります

 
多くの方が、野外で炭を使用したバーベキューなどの 焼肉を経験されたと思いますが 
あのときのおいしさの違い 同じ食材でも味の違いの理由は 炭を使用するために 味が違ってきます 炭火はガス火と違い 同じ食材でも おいしさが異なります しかし 市販の木炭では 燃焼時間が早くすぐに無くなりランニングコスト的にはお奨め致しません 市販の木炭と オガ炭では 燃焼時間は全く異なります 
 
 
 
 
 
 


竹内商店
  オガ炭
馬目樫備長炭とおが炭の燃焼温度は 普通に燃焼している場合 あまり変わりませんが、うちわなどで火力を強くした場合 300度以上変わってきますので 火力を必要とする食材には不向きです
 
オガ炭はナラの木などのおがくずを固めて炭化した炭です
オガ炭(オガタン)はおがくずを30馬力程の圧力で筒状に固められたおがくず(この状態をオガライトといいます)を他の炭と同じようにオガライトから水分などを蒸発させて炭化した人工炭です
 
 

オガ炭購入コーナー
販売は終了しました

オガ炭備長炭 標準サイズ
1ケース10kg入り
炭のサイズ 縦×横 約35mm 長さ約4〜15cm
外箱のサイズ 約48×22×高さ17cm

上から全体を見た状態

販売終了

 
 
 
 
 
   
   
 
 
 

前略竹内商店の竹内です
左の橋は 現代のごく普通の橋ですが 京都の加茂川にかかる『松原橋』です 鎌倉時代には 牛若丸と弁慶で有名な五条大橋です 現在の五条大橋は 南へ200mにある国道1号線の通る大きな近代的な橋となっています この松原橋から松原通りを、東(東山)へ向かって行くと清水寺への参道となります

 



 

携帯電話
Google
検索エンジン
Google